事業には事業者ローンが最適|上手く利用できる方法を知る

事業者の為のローン

6人の男女

今後

「事業者ローン」とはビジネスローンと呼ばれることもありますが、事業に関わるローンの事を指します。担保が必要なもの、担保の必要ないものに大きく分けることが出来ます。また、事業者ローンは貸金業者でも提供していますが、貸金業者を対象とした貸金業法で年収の3分の1以上の借り入れて規制される総量規制の対象とはなっていません。事業者ローンはそうではないローンに比べて、高額融資を受けることが出来ます。事業者ローンは以前は銀行のサービスを利用するということが一般的でしたが、近年は利便性の高さから貸金業者を利用するという人も多くなってきています。貸金業者では、申し込んでから実際に融資を受けるまでの時間が短いため、すぐにお金が必要という人に向いています。そのため、今後はより利用者が増えると考えられます。

3つのタイプがある

事業者ローンは大きく3つに分けることが出来ます。まず、公的融資を受けるという方法です。公的融資は、手続きに時間がかかるというデメリットは有りますが、金利が低く設定されているというメリットがあります。銀行は、公的融資に比べると金利は高く設定されていますし、審査が厳しいことから融資を受けることが出来れば、信用することが出来ると判断されることが多いようです。消費者金融会社などの貸金業者の場合には、審査に時間が掛からないことや比較的短時間で融資を受けることが出来るというメリットはありますが、金利が高いというデメリットもあります。どのタイプが合っているのか、無理なく返済をすることが出来るのかを比較し、選ぶようにしましょう。

上手な融資条件の比べ方

紙幣とカード

カードローンには大変多くの種類があり、個々の希望条件を満たすサービスを探し出す上では比較サイト等の利用が欠かせません。特に、カードローンの審査の難易度の検証は重要で、容易に審査に通過できるサービスを見つけることが大切です。

もっと見る

お金を借りる方法

通貨と電卓

銀行や消費者金融、親族や友人を頼るなど、20万円を借りる方法は様々です。どの程度の期間でお金が必要なのか、またお金が必要な理由で、利用出来る借り入れ手段も変化します。銀行は、借りたい理由の証明が必要ですが、比較的金利が安めになっています。また、無利息キャンペーンなどを活用すると効率良く返済できます。

もっと見る

担保が必要なローン

模型を持つレディー

不動産担保ローンと無担保ローンには、それぞれにメリットとデメリットがあります。利用する際には、用途に合ったものを選ぶということが大切になります。返済のことを考えながら、利用する所を決めるようにしましょう。

もっと見る